Beauty

脱毛や足痩せはサロンにお任せ【処理の手間から永遠にサヨナラ】

緊張しない

医療レーザー脱毛誕生の歴史

医療レーザー脱毛は医療系のクリニックで採用されている脱毛マシンです。医療レーザー脱毛が誕生したのはアメリカで、今から約20年前のことです。痣のレーザー治療をしている最中に脱毛効果があることが発見され、あらためて脱毛マシンとしての研究が進んで医療レーザー脱毛が誕生しました。最初にできたのはルビーレーザーという医療レーザー脱毛で、メラニン色素に反応する感度が高いため、白人の皮膚にしか使用できないものでした。その後半導体を応用したダイオードレーザーが開発されました。ダイオードレーザーは皮膚が黄色い日本人でも問題なく脱毛ができるレーザーマシンで、すぐに日本に輸入されて瞬くまにクリニックで普及しました。

誰でも気軽に脱毛ができる

医療レーザー脱毛がアメリカで誕生して20年ほどが経過します。日本ではほとんどのクリニックでダイオードレーザーかアレキサンドライトレーザーを採用しています。その前に使用されていた電気絶縁針脱毛(ニードル脱毛)を行っているクリニックは数えるほどになりました。「痛くない」「肌に優しい」「短時間で終わる」というのが最近の医療レーザー脱毛の特徴です。誕生した当初の医療レーザー脱毛は痛みが激しいものもありましたが、今はマシンの改良が進んで痛みがなく脱毛ができます。また、料金的にも低価格で、サービスが充実しているクリニックが多くなっています。今は誰でも気軽にクリニックに行って医療レーザー脱毛をする時代になっています。